大工仲間を元気にするブログ

2006年06月10日

西本願寺 国宝飛雲閣

パソコンがつぶれてしまい更新がおろそかになってしまいました。(T-T)この月曜日に
私が参加しています。京都鴨川建築塾のフィールドツアーで西本願寺にある国宝飛雲閣の見学にいってまいりました。普段は見ることのできないこの飛雲閣は太閤豊臣秀吉が建てたものであの聚楽第から移設されたといわれております。聚楽第の一部分でこれですから実際に当時建っていた聚楽第って本当にすごい建物だったのでしょうね、


京都には3つの楼閣建築がありひとつは金閣寺と銀閣寺そしてこの飛雲閣です。この3つのうち飛雲閣だけが唐破風 入母屋 寄棟の左右非対称の外観になっている木造3階建てです。昔の職人って本当にすごいですね、時間が止まってしまいます。国宝の木造建築を見ていると今の建築基準法って馬鹿らしいですね。飛雲閣の中にも入れていただき国宝の茶室や秀吉が入っていたお風呂なども見せていただけました。でも本当に見たかったのは床下や天井裏や!


西本願寺には国宝がいっぱいあって書院や床の間など午前中だけでしたが、お腹がいっぱいになりました。この国宝唐門の豪華さ、この彫刻を眺めているだけで日が暮れるのを忘れてしまうところからと日暮門とも呼ばれています。う〜ん納得・・・


日本最古の能舞台、障子を開けてその姿を見たときのこの建物の威厳にしばし心を奪われていました。


半日だけでしたが、西本願寺の普段は見ることのできない国宝建築の数々、昔の職人たちのセンスと技術と美しさに見せられた半日でした。このところ国宝めぐりしていなかったのでまた始めてみようと思います。


posted by miyauchi at 00:28| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 目の保養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。