大工仲間を元気にするブログ

2007年01月31日

青山中学校へ

私が参加させていただいております大津の森の木で家を建てようプロジェクトの活動の一環として地元の中学生に技術家庭の授業で使う教材の素材提供事業で技術家庭の授業に参加してきました。プロジェクトのメンバーの坂元さんを中心に、のこぎりの使い方と鉋の取り扱いなどの授業をしてきました。


最初はのこぎりの使い方、普段は、見て覚える、体で覚える、経験することで覚えてきただけに、いざ口で説明となると・・・むずかし・・・学校の先生ってやっぱりすごいですね、


何も教えないで最初は、自分の思うままに木を切ってもらい、なぜ上手に切れないかをみんなで検証、その後木を切るコツを少し伝授・・・ すると思いのほかみんなの勘のよさにびっくり、2時間目に鉋の使い方を伝授、大人も子供も結構鉋で木を削るのって好きなんですよね、みんな夢中になって・・・こんなことがキッカケになってモノづくりのことや地域の環境のことに関心を持ってもらえるきっかけになればと思います。


posted by miyauchi at 22:38| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

E-ディフェンスによる実大伝統木造建物の振動台実験

1月の18、24日に京大の鈴木先生のお手伝いに兵庫県三木市にあるE-ディフェンスに木考塾のメンバーといってきました。


この施設は、さすが世界1の施設すべてにおいてスケールが違います。


最大6階建てのマンションがそのまますっぽり入るこのデカサ!400t吊れるホイストが2機あり計800トン吊れたり、最大1200トンまでのせられ3次元で地震力を再現できる施設です。


その400トン吊るワイヤーがこれ!


この30日と2月2日の公開実験は、この建物を震動台にのせ揺らします。この石場建ての建物を2体並べて加震します。最終、阪神大震災の地震力で揺らします。全国の伝統工法にこだわりのある大工さん、造り手である我々こそ見て体感しなくてはいけない実験だと思います。先日の2日間の実験だけでも私にとって貴重な体験となり今後の家造りに欠かせない知識になりました。私は両日とも作業員で参加します。


posted by miyauchi at 16:20| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

金物屋のおっちゃん

私が、生まれてから6歳まで育った大津市の中心街 県庁所在地で近くにアーケードのある商店街があります。昭和40年代当時滋賀県で一番の繁華街としていつもたくさんの人でにぎやかな街でした。その商店街のはずれにその金物屋さんはあります。建築金物を扱うお店で私の親父の代からのお付き合いで40年くらいのお付き合いがあります。大晦日の夜その金物屋のおっちゃんが亡くなられました。享年68歳すい臓癌だそうです。


私が、大工の修行に入ったとき1ヶ月の手間賃が3万円で、そのうち1万円が飯代として母親に渡し、もう1万円は、定時制の高校に通っていたので学費と給食費に、残りの1万円が自分のこずかいでした。 そのころ道具といえば親父の道具や兄弟子たちの使い古しの道具を直して使っていましたが、鉋や鑿が砥ぐのが旨くなっていけばいくほど綺麗な新しい道具が欲しくなります。当時鉋が、ちょっと良いのだと3万5000円ぐらい、鑿のセットになると4万円以上はします。当時1万円のこずかいでは到底手が届きませんでした。

いつも、金物屋さんに行くたびにショーケースに並んでいる道具を眺めては、ため息をついていましたが、あるとき金物屋のおっちゃんが「宮内さんの兄ちゃん鑿が欲しいのか」
「欲しいけど手が出ないしな〜」 「いいから持って行き毎月ちょとづつ払えるだけ払ってくれたらいいし」え!ほんま?「大工は道具なかったら話にならんやろ」といって鑿を持たしてくれました。

私の親父との付き合いがあってこそとは思いますが、夜学に通っていた頃次の日に仕事で使う釘や金物を学校が終わってから夜の10時過ぎに店に行っても快く店に入れてくれました。 跡で話しを聞くと私のほかにも、この金物屋さんのおかげで知り合いの職人連中もみんな修行時代に道具がそろえられて一人前の職人になった人がたくさんいました。 商売だからと言う意味じゃなく、「人情 」若い職人を育てて行こうという気概が、この金物屋さんにはありました。 今こうして職人としていられるのは、こういう人たちの支えがあってのことなのだと改めて思いました。 このお店も息子さんが跡を継がれるそうです。今度はこの店を我々職人が盛り上げて行きたいと思います。 金物屋のおっちゃんのご冥福をお祈りします。

posted by miyauchi at 21:49| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。