大工仲間を元気にするブログ

2007年10月31日

石山寺の家 完成見学会

地元大津で育った杉と漆喰で出来た綺麗な木の家が出来上がりました。
住まい手のご好意によりこのたび完成見学会を11/3、4の土曜と日曜にお行わさせていただきます。
今回は、大津の森の木で家を建てようPJと滋賀の環境こだわり住宅との協賛で行います。詳しい内容は、大津の森の木PJのHPを御覧ください。お時間がございましたらぜひお立ち寄りください。


posted by miyauchi at 07:46| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学会、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

水中乾燥の成果 含水率が

今日は、信州大学の院生の学生さんが2人見学にこられました。民家の研究をされていて、調査している民家を建てる時に材を水に漬けて乾かしていたと古い文献に載っていたらしくそれで興味がわき遠い長野県からお越しくださいました。すごく熱心に定成教授の話を聞いておられました。


貯木している池を後にして、前回の製材して天然乾燥中の水中乾燥材を見に一同白川製材へ・・・川端氏が含水率計測器を当ててみると・・・・


な・な・なんと20%をきって13% え〜ほんま!赤身のとこで、他の材も数本計ってみると・・・平均20%切ってるわ〜高いやつでも24%ぐらい


水中につけていた期間6ヶ月 丸太の状態で天日干し約1年 製材してから6ヶ月 通算
2年かかりましたが、この数字は天然乾燥では大成功 この含水率で人工乾燥のように木肌も荒れてなく綺麗なままで本当に私の理想の木材になっておりました。 やった〜 この後は、ヤング係数を計りたいと思います。また報告いたします。さあ!どんどん次の段階に進んでいこー


posted by miyauchi at 00:00| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中乾燥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

水中乾燥2007度 スタート・・・

10月に入り山から木を切り出す季節がやってきました。この18日に今年池に浸ける木の買いつけに甲賀森林組合に行ってきました。前回は、4寸角の材が取れる丸太を中心に池に浸けましたが、今回は5寸、〜10尺の梁材になる丸太を中心に買い付けました。大体150立方メートル 30坪くらいの家の構造体2棟分から3棟分ぐらいかな、


杉材は、永源寺梅が畑の80年から100年生で木目もしっかり詰まっており梁材にするのにもってこいの丸太です。ここの杉は本当に色目も綺麗ですばらしい杉です。この木で仕事するのが今から楽しみです。


今回は、桧も浸けることにしました。滋賀県では柱や造作材に桧を好む住まい手が多く今回は桧の丸太もつけることにしました。甲賀産の桧は目が細かく匂いも良くすばらしい木が今年はたくさん出てきました。昔、美空ひばりや石原裕次郎の家は甲賀産の桧をご指名で使っているそうで中々のものです。 匂いも強く赤身もはっているので家の土台や足固めの梁や造作材に使用する予定です。



10月20日結構苦労して造った池にいよいよ木をつける日がやってきました。お天気も良く絶好の水中乾燥日和で、定成教授も自ら池に入り終始ご満悦で木に番号を振っていました。



この丸太約1年間の予定で来年の10月までつけておきます。木材として利用できるまで2年から3年かけてゆっくりと時間をかけて乾燥させます。時間はかかりますがその分綺麗で元気な材になります。また経過を随時報告していきます。この水中乾燥材に興味のある方でこの木を使って家を建てたい方只今予約受付中です。 見学をご希望の方はこちらにご連絡ください。宮内建築e−meil nrd42889@nifty.com
1日で全部無理でしたので桧は後日浸けます。



posted by miyauchi at 07:36| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中乾燥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。