大工仲間を元気にするブログ

2008年01月27日

水中乾燥材の熱処理室・・・製作中

水中に浸けている材を一度熱をあてることによって、杉材の繊維を形成している成分のリグニンをやわらかくして天日干ししてからの乾燥を促進し材の割れを少なくするための熱処理室を只今造っております。天然乾燥推進派の私にとっては、人工的に熱を加えるのはどうも納得できないのですがポリテクの定成教授の「熱と言いっても90度までで2日間だけですから、ほんの一瞬だけ」ん〜まあやってみますか。


と言う訳で、海上コンテナ40ft(約12m)を購入・・・コンテナの重量3.5トン・・・白川製材所の焼却炉の横に据えるのですが、これが大変・・・倉庫の屋根を越して降ろさなあかん、100トンレッカーがいる!と北洋レッカーの中川君(高校時代の友人)100トンレッカー35万円かかるでエ〜 え〜そんなの無理そんなお金かけられませ〜ん・どうすんの・・・ ‘5000年前に人力でピラミッドつくっとんにゃ〜これくらい人力で運ぼか‘ということでピラミッドの石を運んだようにコンテナを丸太の上に乗せて運ぶことにしました。


人間、便利になるとあまり頭を使わないようになるって改めて思いました。 レッカー代35万円使わなくてもチョットの工夫でどうにでも成るんですね。 4人で2時間くらいで転がして置けました。便利な世の中が今の日本を駄目にしているんでしょうねきっと!


無事にコンテナも座り、只今このコンテナを熱処理機に改造中です。2月の2日、3日の試運転に向けてトッカン工事です。また皆さんにお見せしたいと思います。こだわるって
パワーがいるんですよ〜、脳も体も


posted by miyauchi at 20:22| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

石場建ての家 京町の家 1(水中乾燥材と4寸角挟み張り工法の家)

玉石の据付も完了し、いよいよ墨付けの始まりです。住まい手のA様から依頼を受けて約3年、住まい手の要望は・・・「板倉で一切金物を使わない木組みの家で石の上に建てる家をお願いしたい」。この要望に答えるべく、工法の開発から取り組み、木材の乾燥方法に水中乾燥を取り入れ素材造りから工法まですべてオリジナルでフルオーダーの住まいです。


構造模型も出来上がり、住まい手のA様と設計の川端さんと墨付け前の打ち合わせで構造の最終チェック


中から見るとこんな感じで梁が見えます。


模型と言っても、こうやって見ると中々リアル



随時ブログで報告します。


posted by miyauchi at 20:55| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

商売繁盛で笹もってこい 年の初めのえべっさん

”商売繁盛で笹もってこい”でおなじみの十日戎(えびす)に大阪の今宮戎に言ってまいりました。毎年電気屋さんのM氏と商売繁盛祈願に行くのですが、今年は板金屋さんのT氏も一緒に行きました。私を含めこの3人はいわゆる夜のネオン街にまれに出没するトリオで、公私共にお付き合いの深い3人です。


難波駅から今宮戎までの間たくさんの参拝客にもみくちゃにされながら到着・えべっさん(戎様)に今年も商売繁盛と今年こそ、儲かります様にと祈願しクマデとみを買いました。


ま〜笹だらけ・・・この笹に今年の福娘に大判・小判・お札・宝船などの飾りをつけて貰一年間の商売繁盛祈願をします。福娘のお姉さん本当に綺麗でした。


にぎやかにテキヤが並ぶ参道を歩きながら、「せっかく大阪まで来てるのに〜」と、後ろ髪を引かれながらも家路に向かう3人でした。


posted by miyauchi at 10:27| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。