大工仲間を元気にするブログ

2008年03月28日

静的加力試験機導入

私の木造建築研究のホームグラウンド・・・ポリテクカレッジに静的加力試験機が導入されました。今日はその試運転に立ち会いました。この機械があれば今まで以上に木構造の実験や開発に役立つ事でしょう、この日が来るのをどれほど首を首長竜の用に長くして待っていたでしょう。


今日の試運転は、私の尊敬する大工棟梁の川村が造った30mm厚の通し貫き3段の壁と通し貫きプラス筋交いの壁の2体で行いました。川村さんの考えた貫を抑える平行楔が変形角15分の1迄行っても外れずしっかりと貫を抑えていてこの楔の効果にさすが川村さん・・・これからもこのような実験を定期的に行いこれからの木造建築の発展につながるようがんばるぞお〜


posted by miyauchi at 22:51| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

建築家 吉田桂二先生が作業場に・・・鴨川建築塾第4期終了

土曜日に鴨川建築塾の座学があり、翌日の日曜日に、木造建築の重鎮建築家の吉田桂二先生が私の作業場にお越しくださいました。水中乾燥材と4寸角挟み梁工法の見学にこられ構造模型を見ながらこの工法での意見やアドバイスなど頂きこの工法の更に進化さすように激励を頂きました。雑誌チルチンびとの編集長の山下さんチルチンびと鴨川建築塾塾長の植久さんや塾生も一緒に来ていただいて水中乾燥材や挟み梁工法についての説明をさせていただきました。




この日が、今年度の塾の最終で5月からまた第5期が始まります。もし興味のある方は参加されてはいかがでしょうか、第一土曜日曜日の月1回の講座で結構内容の濃い塾になっており、来期は私の弟子の竹内と永岡も参加します。詳しいことは京都鴨川建築塾のHPをご覧ください。


その後塾生の希望者だけで、丸太を貯木している池の見学にいきました。浮かんでいる樹齢300年の桧に乗ってご機嫌の私でした。


これくらいの丸太なら乗っても大丈夫ス


posted by miyauchi at 21:13| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。