大工仲間を元気にするブログ

2008年11月30日

この土曜と日曜は、

私の2人の娘は小学校でバスケットボールをやっております。そしてバスケ部の行事で年に1回ファミリーバスケトがありつまり親子対決があるのです。E−ディフェンスでのB棟の実大実験が金曜日に終わり、ワリと疲労感が残ったまま参加してまいりました。
私、実は定時制高校生のときバスケット部で在学中滋賀県では4年連続で春秋連続優勝、3年と4年のとき近畿大会で3位という成績を残した実力者ですが、今はただの中年太りのおっさん・・・5分ハーフで始まった試合、駄目です。前半が終わった時点で軽い酸欠状態・・・娘の手前倒れるわけいきません。後半開始1分・・・あかん、あ、足がフクラハギがパンパンに成ってきた。肉ばなれをおこしそうになりながら、がんばって3試合に参加してまいりました。・・・このファミリーバスケットに参加する度に体力の衰えを感じちゃいます。 もうチョット痩せなあかんな〜 その夜は、小学校のプチ同窓会に参加し
夜中の2時までドンチャン騒ぎしてました。ハードな週末や

そして、今日と昨日の午後からは、ご近所の方と滋賀県在住の方と知人の方たちに京町の家の見学会を行いました。ご近所の方もこの家の完成と見学会を楽しみにしていただいていて、沢山方に来ていただきました。ありがとうございました。



今日の午後にも沢山の知人や地域の方が来ていただきました。夕方には、嘉田滋賀県知事もお越しくださいました。そして先の情熱大陸をご覧になり、滋賀県選出の民主党の副代表の川端達夫衆議院議員と同じく民主党の衆議院議員三日月大造議員が見学に来てくださり知事と両議員との板の間会議が始まり環境問題や建築基準法の問題、瑕疵担保履行法の問題など意見討論ができました。日本のみんなが平和に暮らせるようにぜひがんばってください。お願いします。


posted by miyauchi at 22:20| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

伝統的木造住宅の実大実験

26日から28日の間E−ディフェンスで伝統的木造住宅の実大実験に言ってまいりました。今回は、震度5レベルの加震を2回と阪神大震災の地震(震度7)を再現した加震を2回で、計4回の大地震に遭遇しました。写真は地震で揺らす前の建物です。



この写真は、4回目の大地震にあった後の建物ですが、傾くことなく大地震の
揺れをしのぎました。 柱の割れや折れた柱もあり土壁も落ちましたが倒壊することなく
建って下りました。損傷観察のメンバーでしたので破損状態などこの目で確認することができ、これからの家造りに大変良い経験になりました。日本の大工の技術と木材になった木という植物の強さに改めて感心しました。人の命を守ることのできる、それが一番大事なことです。次は12月2日から4日まで再度同じ実験が行われます。今度の実験にも参加しますので詳しい内容はまとめてまた紹介いたします。


ここが、Eーディフェンスの制御室、入ることができてラッキー


なんせここの施設はとりあえず馬鹿でかいので何から何まででかい。これ天井クレーンのフック・・・重さ400トン吊れちゃいます。


posted by miyauchi at 23:05| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

いよいよ始まる!実大実験

兵庫県三木市にある防災研究の施設 Eーディフェンスで今後の法律になってくる伝統的木造住宅の実大実験がこの27日と28日にいよいよ行われます。今回は、関東版といわれる仕様での実験で、関西版の伝統的木造住宅は12月にあります。私は、このプロジェクットの実務者タスクチームに参加しておりますので、今から兵庫県三木市にお泊りで行ってきます。またブログで報告したいと思います。


posted by miyauchi at 09:30| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。