大工仲間を元気にするブログ

2009年06月24日

職人に学ぶ

 青春出版から只今発売されてます。BIGtomorrow(ビッグツモロー)という雑誌で少し紹介していただいてます。

CA390020.JPG

この本お金儲けの本みたいですから、私のイメージと全然違う雑誌ですが、この黄緑の部分のコーナーで紹介していただいております。


CA390021.JPG 

こんな感じで、

CA390022.JPG

P104〜P109で、5ページほどですが、日本の職人の心意気がここにはあります。


前後の漁師さんの話しや、町工場の職人さんの話し読んでみて逆に元気を貰いました。

自分が日本の職人であることを誇りに感じました。

CA390023.JPG

このページには生きた言葉が沢山あります。

ぜひ皆さん見てください。

特に、永田町や霞が関の人たちに・・・
posted by miyauchi at 22:12| 滋賀 ☁| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

水中乾燥日記 貯木池増設完了!

CA390012.JPG

池のスペースが足らない。
これ以上は水中乾燥材が・・・

なんてことのなら無いように。

住まい手の要望が増えて参りましたので今後の家造りのための県産材を
つける貯木池の増設が完了いたしました。

ここも、見てる間に、一杯になるんやろナ。

CA390017.JPG

今までの池はこんな状態で・・・これ以上は、入りません。

その後、次の時期に伐採する山を見てきました。


CA390008.JPG お日様が良く差し込んで

こんなに椿が生えているのは、お日様が良く当たり手入れされている
証拠なんです。 樹齢も80年生がほとんどで、大半が桧です。

CA390006.JPG


CA390003.JPG 中にはこんなに良く育った杉の木も

CA390004.JPG こんな皮になってる杉って中身が、ほんとに年輪巾も細かくって赤身が綺麗なんです。

ぜひ、今年の伐採見学にお越しください。



posted by miyauchi at 19:22| 滋賀 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

八幡掘りとボーリズ建築

 皆さんこんにちは、今日はチョット二日酔いです。
40歳を過て深酒してしまうと次の日の夕方3時過ぎぐらいから辛いですよね。

CA390053.JPG

今蔵の改修を近江八幡市でやっておりますが、その現場の近くに近江商人たちの旧家が沢山手付かずの状態で残っており、八幡堀は今でも時代劇の撮影に良く利用されている場所で、私結構好きな場所です。

CA390052.JPG なかなかいいじゃないですか。
お金と手間かかってます。

この町並みの面白いのが、宣教師であり建築家のボーリズが設計した
建物が、かなりあり、結構手付かずであまり観光地化されてなく
当たり前のように残っております。

日本の町屋とボーリズの和洋風建物が何の違和感もなく佇んでます。
ある意味不思議な町並みです。


CA390058.JPG ボーリズの自邸                  


写真を撮っているのは、著名な建築家
六車誠二氏 今日の二日酔いは彼としこたま飲んだから・・・


CA390057.JPG

外壁に杉の板を良く使いますが、それまでは長持ちさすためにいろんな
塗料を試みましたが、・最近は何も塗らない・それはこの八幡掘りのそばに建っている家の杉板が教えてくれました。

CA390056.JPG

何もしていないのに綺麗です。
これが正解・・・
日本人美意識の一つに・朽ちてゆく美しさ・があり

まさにこの杉板たちがそれを物語ってくれてます。

CA390055.JPG 皆さんも一度八幡堀にお越しください。


posted by miyauchi at 18:29| 滋賀 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。