大工仲間を元気にするブログ

2010年03月16日

造材作業

 今日は、ものすごく寒い、外仕事だけに本当に寒い。

今日は、木材の選別作業に来ました。

甲賀森林組合の、常務とNさんのベテランお二人についての作業

大変勉強になります。

造材作業 005.JPG

山で育った木は、反ったり・曲がったり・捻じれたり、だけじゃなく

育った過程でいろんなことがあります。

たとえば、真冬に、木の中の水分が凍結して起こる水割れ

造材作業 007.JPG

枝打ちをしたところから、腐りが入る ボタン(この地域の言い方)
造材作業 002.JPG

伐採時に、何らかの原因で入った割れ

造材作業 008.JPG

枝分かれしそうになって、一本の木に戻ってしまったり

造材作業 010.JPG

切って見ないとわからない、なんて言うのはプロじゃない。

この割れが、どこまで入っているか、腐りは度の位置まで進んでいるか

反りや曲がり、木全体のフインキから異変を感じ取り

木のあらゆる状況を予測して無駄のないように
丸太玉切りしていきます。

中々奥が深いですわ、この仕事・・・


posted by miyauchi at 20:38| 滋賀 ☀| Comment(0) | 水中乾燥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

2010 水中乾燥始まる。 2010 水中乾燥始まる。

CA390013.JPG

今年も伐採の季節が来ました。

ここは、以前お借りしていた甲賀の溜め池
新たに池を増設しましたが、

今後のことも考え、再度お借りしました。

しかし、ここの池は、底が結構深い。

前回の反省

CA390011.JPG 

入れていきなり沈む 丸太

そうなんです沈む木があるんです。

前回この池で、60本沈んで今だ行方知れず。

杉の木が沈むなんて・・・

前回の反省を踏まえ

CA390015.JPG

沈んでも分かるように、筏にしてみました。

CA390014.JPG

一年以上浸けた昨年の丸太も

CA390019.JPG

来年の4月位に製材するまで、丸太のまま井桁に組んで、
天日干しします。

それから製材してから更に約半年、天日干します。

木を乾燥さすのに2年かかります。


でも、その仕上がり具合を知ってしまうと、これがやめられない。

家を建てようとお考えの方、ぜひ一度見に来てください。

posted by miyauchi at 02:10| 滋賀 ☀| Comment(4) | 水中乾燥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

水中乾燥2009パート3 春休みだから2

昨日の続き・・・池での作業を終えた後で、甲賀郡森林組合の堀さんと立岡さんに連れられて、伐採した木を山から出す搬出現場に行きました。
CA390062.JPG
おお〜と結構高いな〜、いまこんな風にワイヤーをはれる人が中々居ないんですよね。林業も人材育成や後継者不足で大変です。
皆さん結構高齢で、この人たちが引退したらどうなるんやろたらーっ(汗)
CA390056.JPG
出てきたのは、樹齢80年生以上の桧、年輪が細かくて、赤身が大きくて綺麗です。
CA390059.JPGCA390058.JPG
この桧達も水中でしっかり浸かっていただきます。
昨年に80年生から100年生の杉の山を買いました。
長さ12m以上の杉丸太が約180本今月山から出てきます。
皆さん浸かっていただきます。
CA390041.JPGCA390042.JPG
結構あるよね、今年もあせあせ(飛び散る汗)
CA390061.JPG
山で、啄木鳥の木をつつく音をはじめて聞いたり、木が空から降りてきたりと
結構刺激的な一日になったキリナわーい(嬉しい顔)            桧の丸太の輪切りを貰って大喜び・・・             また連れてきたろ。

PS後ろに写っているのは、甲賀郡森林組合の立岡常務です。


posted by miyauchi at 23:46| 滋賀 | Comment(0) | 水中乾燥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。